企業理念

市場創出企業を目指して───
従来にない新しい製品を創造していく


多様化し続ける建築市場のニーズにお応えしていくためは、自由な発想で活動的(LIVE)な技術開発を行い、製造設備にとらわれず(FABLESS)新たな製品を創造していくことが大切と考え、
2002年7月、株式会社ライヴ・ファブレスは誕生いたしました。
建築用ファスナーの製品設計をはじめとする技術開発力、そして建築市場のニーズを正確に捉え最適なメーカーを選出していくためのマーケティング力。これらを持ち合わせる建築ファスナーのトップメーカー出身スタッフたちと、国内外の優れた製造技術を誇る各メーカーとの強固な連携により、“市場創出企業”を目指して“従来にない新しい製品”を創り続けていくことが、私たち“LIVE FABLESS”の使命と考えています。

代表取締役社長 岡村 順太



沿革

2002年7月
大阪市中央区にて建築ファスナー関連販売会社として創業
2002年8月
国内ドリルねじ工場と業務提携(技術顧問の派遣)
2002年9月
国内市場及びヨーロッパ市場にて販売業務開始[オリジナル製品の開発]
2003年
スチールハウス用ドリルねじの本格販売開始
2004年
ALCパネル固定用ビス・木軸住宅用床パネルビス等 OEM生産販売開始[国産品]
2005年
海外協力工場でのOEM生産開始[軽天用ビス関係]
2006年
鋲螺用輸入線材の販売開始
2007年
耐震金物用接合ビスの設計開発に参入[国内協力工場生産]
2009年
軽鉄天井用金物ビス関係の販売開始[無溶接ビス・軽鉄吊り天用ビス]
2010年
人造竹垣用SUS305J1ドリルねじ販売・ネジ袋詰めセット品加工を開始(アウトソーシング)
ISO9000-2008に準拠した品質保証体制を構築(大手鋲螺商社の監査合格)
2011年
ソーラー架台野地板固定ビス設計開発・セメント瓦穴開け用専用ドリル錐設計開発に参入
2012年
木軸系住宅認定金物専用ビスOEMの生産開始[ホールダウン金物用・認定金物用]
2013年
パーチクルボード用木口ビス設計開発・スライドレール固定用ビス設計開発に参入
2014年
硬質石膏ボード用ビスのOEM生産受託(国内協力工場で設計開発・製造販売)
2015年
(公財)日本住宅・木材技術センター 賛助会入会
台湾協力工場のZ金物承認四角穴タッピンねじ・防せい防食表面処理認証申請
2016年
(公財)日本住宅・木材技術センター 木造建築用接合金物認定取得
●承認金物(Zマーク) Z130-1 四角穴付タッピンねじ 3品目取得
●性能認定金物(Sマーク) B2-69A16-01 acexma Eco処理
2018年12月
代表取締役社長交代
河野肇代表取締役社長、取締役会長に就任
岡村順太常務取締役、代表取締役社長に就任
2019年
Zマーク接合具3点・性能認定表面 acexma Eco処理(更新)
事務所移転:長光寺ビル401号から302号に移転
2020年
木造住宅接合金物協会(木金協)正会員入会